2015年10月31日土曜日

Impressions 公演終了

ROSCO MOTION ORCHESTRA,ロスコモーションオーケストラ,RoscoMotionOrchestra,逗子アートフェスティバル,中野徳子,長谷川由紀,佐藤悠紀,堀米綾,駒井朗,中村友子,佐藤もとむ,塩沢源太
出演者&制作スタッフ(キリガヤテラスにて)
写真左から 佐藤もとむ、中村友子、塩澤源太、長谷川由紀、堀米綾、佐藤悠紀、駒井朗、中野徳子

2015年10月25日(日)@キリガヤ
逗子アートフェスティバル2015市民企画公演
「ROSCO MOTION ORCHESTRA Insturmental Live〜Impressions」

盛況のうちに終演いたしました。



ROSCO MOTION ORCHESTRA ロスコモーションオーケストラ「Impressions
ゲネプロの様子


今回会場を提供して下さった逗子のキリガヤ工務店さん。
ライブスペースとして使用させていただいた3Fの会議室は、床から天井まで木がふんだんに使われた温もりあふれる空間でした。
弦楽器、アイリッシュハープ、グロッケンの各楽器の音色が呼応するかのように豊かに響いていて、これまで防音スタジオで稽古をしていた私達にとって、驚くほど気持ちの良い音響でした。


photo:塩澤源太

今回、お声がけさせていただいた役者・佐藤もとむさん。
書き下ろしの脚本と音楽、そして役者まかせのアドリブセクション・・。
ともすればちりぢりに分裂してしまいそうな要素を、
素晴らしい演技とアイディアで、丁寧に包括してくれました。

私は過去に佐藤さんの出演舞台を数回観劇させて頂いているのですが、
シリアスなものからコミカルなものまでこなす素晴らしい役者さんで、とりわけ佐藤さんの「台詞の巧みさ」にはいつも感銘を受けていました。
そして観劇後はいつも興奮しながら、「佐藤さんの声色や台詞まわしと、ロスコの音色や楽曲は、すごくマッチするだろうな。」といった調子でずっと、空想していました。



(危ない奴とお思いでしょうが、企画の始まりなんて大体こんなものです。多分。笑)



普段演られている舞台と違い、生演奏との共演ということもあり、
佐藤さんにとってやりにくい部分がたくさんあったと思います。
その戸惑いは佐藤さんだけでなく、演奏チームのメンバーにも、作曲を手がけた私にも、そして脚本&演出の塩澤源太さんにも共通する、ひとつの「壁」だったのではないかと思います。

稽古前から、塩澤さんと私は現地を下見し往復書簡を続けました。
お互いが逗子の街並からイメージした設定や音楽を、まずデッサンのように書き出し、それらをやり取りしながらひとつのストーリーにまとめ、
そこから台詞や曲のサイズ調整など、一気につめていきました。

そして9月、ホカホカの脚本と楽譜を抱え、
佐藤さん&ロスコメンバーによる初稽古を迎えたのでした。


記念すべき初稽古当日は、、、、前が見えないほどの、ひどい大雨でした。


塩澤さんには何度も細かい部分を書き直してもらい、
佐藤さんには脚本上にないアドリブを交えながら、主人公のキャラクターをとことん掘り下げていただきました。
この過程で「会場のお客様がなるべく現実と小説との間に距離を感じないような工夫」がうまく作用したように思います。


おかげで、とても良い状態で本番を迎えられました。



ROSCO MOTION ORCHESTRA, ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」,RoscoMotionOrchestra
photo:塩澤源太

当日はたくさんのお客様にご来場いただきました。
アンケートによると
逗子在住の方々、葉山や横浜市の方々のほか、
都内や埼玉県など、遠方からのお客様もたくさんいらっしゃいました。
(なんと兵庫県からのお客様も!)

まずは逗子の方々に喜んでもらえる作品であることを大切にしましたが、
主人公が「初めて逗子にやってきた青年」という設定だったこともあり、遠方からのお客様にとっても、初めての土地を訪れる時の不安と期待が入り交じった気持ちを、感じていただけたのではないかと思います。

ご来場の皆様
最後まで温かく観劇して頂き、また嬉しいご感想をたくさん寄せて下さいまして、本当にありがとうございました。
いつの日かふと、この日の風景や感じた事が、皆様をやさしく包み込みますように。


株式会社キリガヤさん、逗子アートフェス事務局の皆様、
ご協力頂いた全ての皆様に心より御礼申し上げます。


好評につき、再演の機会をにらみながら(笑)
これからも心地よい音楽と空間を作っていきたいと思います。

ROSCO MOTION ORCHESTRA   中野徳子



・・・・「Impressions」・・・・・

出演:
長谷川由紀(vn)、佐藤悠紀(va)、駒井朗(cb)、堀米綾(Irish Harp)、中村友子(glocken)
共演:
佐藤もとむ(ストーリーテラー)

作演出:塩澤源太   
企画・音楽:中野徳子
ビジュアルデザイン:隈部浩

ROSCO MOTION ORCHESTRA,ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」,中野徳子,塩沢源太,


set lists/作編曲:中野徳子

「海の神話」
「車窓から」
「愛ってわからない」
「ハミングがきこえる」
「しずくのおどり」
「枯葉」
「踏切と雨」
「嵐」
winter song
「オルゴール」
Parting
500Miles」(Peter,Paul&Mary)
「嫉妬」
花壇のアトリエ」(塩澤源太 著「センチメンタル」サウンドトラック集より)
「Impressions」

ROSCO MOTION ORCHESTRA,ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」

ROSCO MOTION ORCHESTRA ,ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」



ROSCO MOTION ORCHESTRA,ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」

ROSCO MOTION ORCHESTRA, ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」

ROSCO MOTION ORCHESTRA ,ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」

ROSCO MOTION ORCHESTRA,ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」


ROSCO MOTION ORCHESTRA,ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」
ROSCO MOTION ORCHESTRA,ロスコモーションオーケストラ,「Impressions」RoscoMotionOrchestra,堀米綾,駒井朗,長谷川由紀,佐藤悠紀,中村友子





















ROSCO MOTION ORCHESTRA
www.roscomotion.com

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。